『「発明・アイデア」の教科書』 (2015年3月出版)

 ≪書名≫
  『「発明・アイデア」の教科書』

 ISBN978-4-86354-771-1
 定価4,000円+税
 A5判/ペーパバック/302ページ

  購入は下記よりどうぞ 
   
  「発明・アイデア」の教科書 (SMART PUBLISHING)

  

 


全国の大型書店でも取り扱い中!
ぜひお手に取ってご覧下さい!

本書の特徴

 まずは「発明成功14行程図」をご覧ください!


 
  発明は事業化成功まで14行程ある、まるで「山登り」のようなもの!
 筑波山ぐらいのレベルの山(アイデア)なら、試作品も作れるし、効果も実証できて、すぐ12段目まで登れて、企業に売り込みできちゃいます!
 しかし、試作品が自分で作れない!人に頼むとお金がかかりすぎる!効果も理論が難しすぎて実証できない!などなど、14行程の途中で、上に登ることができなくなっちゃっている人がいます。
 これは、「自分サイズ」以上のレベルの山(アイデア)にチャレンジしている何よりの証拠!
 「自分サイズ」とは自分の力量以上のアイデアという事。自分の技術や体力ではとても登れないエベレストに挑戦しているようなものなのです!
 皆さんこれを理解できず、「発明はむずかしい」と勘違いして、アイデア登山で道に迷ってしまっている人がほとんど!中には、大金を使いすぎ、すでにどうにもならなくなり、遭難死しそうな人もいらっしゃいます!

 このように、本書は、超発明初心者を対象にした、とってもやさしく丁寧に書いた「発明・アイデア」で成功出来るようになる本です。
 この道のりと行程さえ知っていれば、目標をもって、発明に取り掛かることができるようになります!

≪丁寧な内容≫
 たとえば、「これぐらい、誰でも知っているだろう」というようなことも、一切省略することなく、丁寧に書きました。
 本書には、企画提案書を送付する際に同封する、挨拶状の文案から紹介しています。
 この程度の文書1つ作成するにも、要領が分からなければ、どのような文章にすればよいか分からず、迷って、時間がかかってしまうものです。このような、他書では省略してしまうようなことまで、本書では出来る限り紹介しています。
 そのため、まったくの初心者でも、戸惑うことなく読み進めることができ、ピカっとひらめいたアイデアを事業化するまでの道のりと手順が頭に入ってくるようにしました。

≪多くの実例で紹介した、楽しい商品紹介≫
 また、筆者が直接取材した、21名の有名大衆発明家の方々の発明品や成功例を随所で紹介しています。
 自らの経験から語る先輩発明家の方からの、さまざまな体験談やアドバイスが、発明に興味がある読者の皆さんを発明成功に導きます。
 さらに巻末には、コピーして使える企画提案書のフォームを収録。
 A4サイズに拡大コピーして、試作品の写真と説明を記入してからコピーをすれば、今すぐ事業化にチャレンジできる、企画提案書が作れます。 
 テレビ等でも紹介される、大衆発明や自分のアイデアの事業化に等に興味があり、今すぐ、発明・アイデア生活を始めたい、超発明初心者には、ぜひ一読いただきたい1冊です!

目次紹介(内容の一部を公開中!クリックでお読み頂けます)

はじめに…………………………………………………………………………………… 3
推薦の言葉(元特許庁 出願課認証官 岩田元吉氏)………………………………… 7

序章 段階別発明マニュアル誕生秘話
001 発明成功の14階段を登ろう!… …………………………………………… 20
 ●釣りバカの誕生…………………………………………………………………………20
 ●アイデアを考える楽しみ、試す楽しみ…………………………………………………21
 ●発明・知的財産権との出会い…………………………………………………………23
 ●少しのことにも先達はあらまほしきことなり… ………………………………………24
 ●誰でも頂上へ行ける発明マップを作りたい!… ………………………………………26
 ●発明初心者の方へのメッセージ… ……………………………………………………28


第 1 章 発明はだれでもできる!(発想編)
002 発明はだれでもできる! 発明完成階段1段目「アイデア発想」… ………… 32
003 自分の専門分野からアイデアテーマを探そう… ………………………… 35

 ●骨盤矯正具「ラクダーネ」開発秘話……………………………………………………36
 ●身の回りにある、実践できそうな課題を探そう………………………………………36
004 他から技術や理論を借りてこよう… ……………………………………… 37
 ●テレビでひらめいた戸田康一さんの場合… …………………………………………37
 ●インターネットでひらめいた松本たかのりさんの場合………………………………38
 ●ヒントを見逃すな… ……………………………………………………………………39
005 通販カタログ・サイトでアイデアテーマを探そう!… …………………… 40
 ●世間が欲しがっている物を考えることが重要…………………………………………41
006 「特許電子図書館」でヒントを探そう… …………………………………… 42
 ●自由に利用できる出願済みの技術とは… ……………………………………………44
007 「特許電子図書館」の使い方… …………………………………………… 46
 ●技術の利用に関する注意点……………………………………………………………53
008 チョッとだけ変える小発明のススメ………………………………………… 54
 ●鉛筆を例にした、大発明と小発明の違い… …………………………………………54
 ●小発明のススメ…………………………………………………………………………55
 ●発明は無から有を生み出すことだけではない… ……………………………………55
 ●考えるより変えてみよう… ……………………………………………………………56
009 アイデアテーマを進化させるカエル発想法の極意… …………………… 57
 ●解決手段を探す場合……………………………………………………………………57
 ●新用途を探す場合………………………………………………………………………58
 ●カエル発想法は世界共通の問題解決法………………………………………………58
010 カエル発想法その1「新しい使い道を探そう」… ………………………… 59
 ●ただの「空気」が商品に!?………………………………………………………………59
 ●神様はただの砂!?………………………………………………………………………60
 ●排泄物をすいて、紙を作る… …………………………………………………………61
 ●魚の尾骨から爪楊枝……………………………………………………………………62
 ●タマゴの殻で再復活……………………………………………………………………62
011 カエル発想法その2「他からアイデアを借りてこよう」…………………… 64
 ●ヒントは病院にあった… ………………………………………………………………64
 ●大工道具が健康商品に…………………………………………………………………65
 ●つらい経験を活かす……………………………………………………………………66
012 カエル発想法その3「変えてみよう」… …………………………………… 67
 ●形を変えてみよう… ……………………………………………………………………67
 ●角度を変えてみよう… …………………………………………………………………69
 ●色を変えてみよう… ……………………………………………………………………70
 ●硬さを変えてみよう… …………………………………………………………………70
 ●使い方を変えてみよう… ………………………………………………………………70
013 カエル発想法その4「大きくしてみよう」… ……………………………… 72
 ●穴を大きく………………………………………………………………………………72
 ●クリップを大きく… ……………………………………………………………………72
 ●大きいことはいいことだ… ……………………………………………………………74
 ●背を高く、美しいスタイルに見せたい!… ……………………………………………74

014 カエル発想法その5「小さくしてみよう」… ……………………………… 76
 ●物の短縮…………………………………………………………………………………76
 ●時間の短縮………………………………………………………………………………77
 ●「小・薄・軽」=カードサイズ……………………………………………………………78
015 カエル発想法その6「取り換えてみよう」… ……………………………… 79
 ●中身を変える……………………………………………………………………………79
 ●素材を変える……………………………………………………………………………79
 ●「動かない」から「よくすべる」に変える… ……………………………………………79
 ●ファスナーに変える… …………………………………………………………………80
016 カエル発想法その7「逆にしてみよう」… ………………………………… 82
 ●逆にして省スペース… …………………………………………………………………82
 ●ポイントはお玉の裏面… ………………………………………………………………83
017 カエル発想法その8「組み合わせてみよう」… …………………………… 85
 ●「2つで1つ」の発想… …………………………………………………………………85
 ●「A+B」の発想… ………………………………………………………………………85
 ●言葉や文字の組み合わせ………………………………………………………………87
 ●組み合わせ発想のコツ…………………………………………………………………88
018 カエル発想法その9「加えてみよう」… …………………………………… 89
 ●「耳かき+○○」の発想…………………………………………………………………89
 ●「靴下+テーピング」の発想… …………………………………………………………89
 ●突起を加えて驚きの演出………………………………………………………………90
019 カエル発想法その10「減らしてみよう」…………………………………… 92
 ●出る量を減らしてみよう… ……………………………………………………………92
 ●音をなくしてみよう… …………………………………………………………………92
 ●くしの歯を減らしてみよう………………………………………………………………93
 ●発想の順番.タマゴが先かニワトリが先か?…………………………………………94
020 カエル発想法その11「表情を与えてみよう」… ………………………… 95
 ●物を笑わせてみよう……………………………………………………………………95
 ●表情(顔)を与えてみよう… ……………………………………………………………96
021 カエル発想法の改善手段の一覧表………………………………………… 98
022 質よりも量 愚案珍案大歓迎……………………………………………… 102

 ●厳選抽出のため……………………………………………………………………… 102
 ●絶え間なくチャレンジをするため…………………………………………………… 103
 ●アイデアを歓迎する風土を作ろう… ……………………………………………… 103
 ●たくさんの意見を集めよう… ……………………………………………………… 104
023 発明ではなく工夫だと考えよう… ………………………………………… 105
 ●「工夫」と考えれば、気が楽になる!………………………………………………… 105
 ●ほんの少しの心遣いが大事!.ユニバーサルデザイン.………………………… 106
024 メモ魔になろう… …………………………………………………………… 108
 ●エジソンと同じ「アイデア眼」になろう……………………………………………… 108
 ●メモを取ろう… ……………………………………………………………………… 109
 ●メモを残す4大ポイント……………………………………………………………… 109
 ●メモがアイデアに化ける… ………………………………………………………… 110
 ●携帯電話で情報を残そう…………………………………………………………… 111

第 2 章 アイデアは出た! この後どうすればいい?(実践編)
025 発明を完成させる階段を登っていこう… ………………………………… 114
026 発明完成階段2段目「アイデア調査」……………………………………… 116

 ●同じ構造の商品が販売されていないだろうか… ………………………………… 116
 ●同じ目的の商品が販売されていないだろうか… ………………………………… 116
 ●見つけた会社はどのような会社なのだろうか… ………………………………… 116
 ●同じ発明がすでに特許庁に出願されていないだろうか…………………………… 117
 ●関係法令の確認……………………………………………………………………… 117
 ●同じアイデアが商品化されていた方へ… ………………………………………… 118
027 同じ発明の調査「実地編」…………………………………………………… 119
028 同じ発明の調査「インターネット活用編」… ……………………………… 122
 ●専門店を探す………………………………………………………………………… 122
 ●商品そのものを検索する…………………………………………………………… 123
 ●企業を検索する……………………………………………………………………… 123
029 同じ発明の調査「特許電子図書館(IPDL)編」… ………………………… 124
 ●ワード検索のコツ… ………………………………………………………………… 124
030 同じ発明の調査「特許電子図書館」実践編………………………………… 126
031 発明完成階段3段目「アイデアのまとめと検討」… ……………………… 129

 ●商品のニーズ(需要)について……………………………………………………… 130
 ●デザインや色彩は、発明の効果と同じぐらい大事!… …………………………… 130
032 発明完成階段4段目「説明図(設計図)作成」……………………………… 132
 ●工程1「説明図(ラフスケッチ)」… ………………………………………………… 132
 ●工程2「アイデアのポイントを書き込もう」………………………………………… 132
 ●工程3「アイデア比較」……………………………………………………………… 133
 ●工程4「設計図を描こう」… ………………………………………………………… 133
033 発明完成階段5段目「試作品製作」………………………………………… 134
 ●目薬点眼補助具「アカンベー」発明者 小林好子さんの場合…………………… 134
 ●皮むき名人「ピーラーシリーズ」発明者 高橋宏三さんの場合… ……………… 136
 ●試作品製作のコツ1 試作品を何度も作り直せる発明を選ぼう………………… 137

 ●試作品製作のコツ2 素材や見た目には心配無用! 試作品=商品ではない!… 137
 ●試作品製作のコツ3 既存の商品に追加工して作り変えよう…………………… 138
 ●試作品製作のコツ4 試作品製作の依頼は慎重に!……………………………… 139
034 試作品が作れる「自分サイズ」のテーマを選ぼう… ……………………… 140
 ●発明で成功した者だけが勝者ではない… ………………………………………… 141
035 試作品を作る意味…………………………………………………………… 143
 ●試作品を作る意味…………………………………………………………………… 143
 ●試作品がなかった「鉄しゃもじ」の売り込み………………………………………… 144
036 発明完成階段6段目「実験と改良」………………………………………… 145
 ●はさみ変え不要のしおり 「スワンタッチ」開発秘話……………………………… 146
037 検査機関を利用しよう… …………………………………………………… 148
 ●具体的な効果の実証に役立つ……………………………………………………… 148
 ●発明品の量産に役立つ……………………………………………………………… 149
038 写真を撮ろう………………………………………………………………… 150
 ●写真撮影の準備……………………………………………………………………… 150
 ●自分の発明品を撮影しよう… ……………………………………………………… 150
 ●参考となる写真を撮影しよう… …………………………………………………… 151
039 取扱説明書を作ろう………………………………………………………… 152
 ●取扱説明書の作り方………………………………………………………………… 152
040 専門用語を調べよう………………………………………………………… 154
041 発明完成階段7段目「発明完成」と権利対策……………………………… 156

 ●出願をせず、売り込みを優先させる方法… ……………………………………… 158
 ●法律について少しでいいので知っておこう………………………………………… 158
042 アイデアをどのようにして保護するか……………………………………… 159
043 実例で見る権利の使い分け………………………………………………… 161
 ●産業財産権について………………………………………………………………… 161
 ●権利表記について…………………………………………………………………… 162
 ●著作権について……………………………………………………………………… 162
 ●産業財産権と著作権………………………………………………………………… 164
 ●権利はお客さまの利益も守る……………………………………………………… 164
044 アイデアの説明ができるようになろう……………………………………… 165
 ●アイデアを文章で説明するときのコツ… ………………………………………… 165
 ●消しゴム付き鉛筆 特許出願書類(明細書)見本………………………………… 169
045 文章の表現内容に注意しよう… …………………………………………… 171
 ●アイデアの説明を上手になろう… ………………………………………………… 172
046 権利対策の注意点…………………………………………………………… 173
 ●権利相談をする意味と価値………………………………………………………… 173
 ●発明をどう進めるか、選択肢から選ぶのは自分…………………………………… 175
047 特許権が取れなくても大丈夫……………………………………………… 176
 
●権利化=商品化ではない!…………………………………………………………… 176
 ●権利は商品化の条件にあらず……………………………………………………… 176
 ●自分の最終目的が何かを考えること… …………………………………………… 177
048 証拠を残す権利対策法.先使用権の活用.……………………………… 179
 ●先使用権の主張に必要なもの……………………………………………………… 180
 ●証拠を作るタイミング… …………………………………………………………… 181
 ●証拠の作り方………………………………………………………………………… 182
 ●その他の活用法1「著作権の権利主張」…………………………………………… 185
 ●その他の活用法2「ノウハウの保護」… …………………………………………… 186
 ●その他の活用法3「争いを回避する」……………………………………………… 187

第 3 章 商品化までの道(事業化編)
049 商品化までの道.売り込みの成功階段を登っていこう… ……………… 190

 ●名刺を作ろう………………………………………………………………………… 191
050 売り込み成功階段8段目「売り込み先企業の探し方」… ………………… 193
 ●店舗で販売中の製品やカタログから探す… ……………………………………… 193
 ●業界展示会で探す…………………………………………………………………… 193
 ●インターネットで探す「検索サイト編」……………………………………………… 193
 ●インターネットで探す「特許電子図書館編」… …………………………………… 193
 ●雑誌や業界新聞から探す…………………………………………………………… 194
 ●ノベルティグッズなどの利用可能性も考える……………………………………… 194
051 アイデア募集中の企業を狙おう… ………………………………………… 195
 ●受け入れ態勢がある企業が狙い目………………………………………………… 195
 ●アイデア募集中の企業の探し方…………………………………………………… 195
052 売り込み成功階段9段目「企画提案書の作り方」… ……………………… 198
 ●ルール1 用紙のサイズはA4版で作る…………………………………………… 198
 ●ルール2 枚数は少なく! 一目で理解できるように!… ………………………… 198
 ●ルール3 文字は丁寧に、色は2色ぐらいまで…………………………………… 198
053 成功発明の企画提案書 実物紹介………………………………………… 201
 ●企画提案書を作る目的……………………………………………………………… 203
054 売り込み成功階段10段目「挨拶状の作り方」… ………………………… 204
 ●売り込みは人間関係が重要………………………………………………………… 204

055 売り込み成功階段11段目「提案の方法」… ……………………………… 206
 ●郵送での売り込み…………………………………………………………………… 206
 ●事前連絡は必要か? 封筒の書き方は?… ……………………………………… 206
 ●誰宛に送るの?… …………………………………………………………………… 206
 ●要領は受験と同じ!…………………………………………………………………… 207
056 売り込み成功階段12段目「売り込みの返事と対応」… ………………… 208
 ●イメージは「宝くじ」… ……………………………………………………………… 208
 ●売り込み企業リストをつくろう……………………………………………………… 209
057 企業からの返信例その1「試作品を送ってほしい」… …………………… 210
 ●「試作品を送ってほしい」という返事… …………………………………………… 210
 ●ヒモ結束具「巻えもん」(ひもくるりん)の採用秘話… …………………………… 211
 ●試作品は送るな! 実演に行け!… ………………………………………………… 211
058 企業からの返信例その2「特許を取ってないとダメです」… …………… 213
 ●理由1 社外からの提案を受付する規定の問題… ……………………………… 213
 ●理由2 断りの方便の場合… ……………………………………………………… 214
059 企業からの返信例その3「こんなものを募集しています」… …………… 215
 ●傾向と対策のヒントが得られるケース……………………………………………… 216
 ●アイデアではなく、自分が売れてしまう場合……………………………………… 216
060 アイデアが採用されなかった理由とその対応策… ……………………… 217
 ●企業側に理由がある場合…………………………………………………………… 217
 ●発明者側・または発明品そのものに理由がある場合… ………………………… 220
061 1つのアイデアが成功するまでどれだけの時間が掛かるのか…………… 223
 ●横向き枕「楽だ寝ぇ」を発明した内田茂夫さんの場合… ………………………… 224
 ●発明を楽しむためには… …………………………………………………………… 225
062 返事が来なくても怒らないこと!…………………………………………… 226
 ●企業から返事がない理由…………………………………………………………… 226
 ●企画提案書は、チラシやダイレクトメールと同じ… ……………………………… 227
 ●返事がなくても怒ってはダメ!… …………………………………………………… 227
063 売り込みの成功階段13段目「契約の仕方」… …………………………… 229
 ●契約とは何か………………………………………………………………………… 229
 ●譲渡契約とロイヤリティが得られる実施契約……………………………………… 230
 ●ロイヤリティの算出… ……………………………………………………………… 230
064 契約書の文例………………………………………………………………… 232
065 契約書の解説………………………………………………………………… 233

 ●第一条 実施権とは………………………………………………………………… 233
 ●第一条 契約の対象………………………………………………………………… 233
 ●契約の期間…………………………………………………………………………… 233
 ●第五条 契約金……………………………………………………………………… 233
 ●第七条 支払い方法について……………………………………………………… 234
 ●第八条 調査について……………………………………………………………… 234
066 自分で商品化する方法……………………………………………………… 235
 ●自己事業化の場合の利益…………………………………………………………… 235
 ●誰でもできる事業化法その1 中村玲架さんの場合… ………………………… 236
 ●誰でもできる事業化法その2 小林好子さんの場合… ………………………… 238
 ●販売実績が付けば、採用される可能性もある… ………………………………… 240
067 スモールビジネスのススメ… ……………………………………………… 241
 ●窓口となる名前・名刺・銀行口座を作ろう………………………………………… 241
 ●商品を作ろう………………………………………………………………………… 241
 ●商品名を考えよう…………………………………………………………………… 242
 ●パッケージ、包装、取扱説明書を作ろう…………………………………………… 243
 ●売る場所を見つけよう… …………………………………………………………… 245
 ●権利対策をしよう… ………………………………………………………………… 246
 ●価格を決めよう……………………………………………………………………… 246
 ●税金の問題…………………………………………………………………………… 247
 ●宣伝をしよう… ……………………………………………………………………… 247
 ●改良できるところはすぐ直そう… ………………………………………………… 248
 ●100%を目指すな。80%で十分… ……………………………………………… 248
068 自分で商品化するときの注意点…………………………………………… 249
 ●1人何役もの仕事が必要…………………………………………………………… 249
 ●資金の問題…………………………………………………………………………… 249
 ●権利の問題…………………………………………………………………………… 250
 ●場所の問題…………………………………………………………………………… 250
 ●家族の協力…………………………………………………………………………… 250
 ●借金の問題…………………………………………………………………………… 250
 ●自分のアイデアにおぼれるな… …………………………………………………… 250
069 ようやく到着14段目! あなたは頂上に立つことができるか… ………… 252
 ●ルート1 アイデア採用、契約成立の場合………………………………………… 253
 ●ルート2 成功を続ける研究をしよう……………………………………………… 253
 ●ルート3 自分で事業化してしまう………………………………………………… 253
 ●ルート4 現在の発明テーマで、さらに研究を続ける…………………………… 254
 ●ルート5 現在の発明テーマをあきらめて、他のテーマを探す………………… 254
 ●千三つ………………………………………………………………………………… 255
 ●発明で確変・連チャンをGETする攻略法… ……………………………………… 255
 ●目指せ! 「発明ドリーム」…………………………………………………………… 256

第 4 章 発明成功の秘訣(教訓編)
070 不平不満こそが金の卵……………………………………………………… 260

 ●つらい仕事を積極的に引き受けよう… …………………………………………… 261
 ●「不満」「不便」「非効率」に疑問を持とう!… ……………………………………… 261
 ●ヒヤリハットも大切なヒント………………………………………………………… 263
071 頭や手は使っても金は使うな… …………………………………………… 264
 ●頭と手を使うと、発明品の進化につながる………………………………………… 264
 ●お金ありきの発明では、先に進めなくなるケースがある………………………… 265
 ●人の手を借りれば、作業は円滑に進む… ………………………………………… 266
 ●一番危険な「思い込み」に注意しよう… …………………………………………… 266
 ●特許庁の減免制度も利用しよう… ………………………………………………… 268
072 発明は欲から入るが欲を忘れたころ成功する… ………………………… 269
 ●自分のアイデアへのこだわり… …………………………………………………… 269
 ●途中の過程を楽しもう… …………………………………………………………… 270
073 他人のアイデアを素直に褒めよう… ……………………………………… 272
 ●人を褒めよう………………………………………………………………………… 272
 ●謙虚に学ぼう………………………………………………………………………… 273
 ●素直な心を持とう…………………………………………………………………… 273

074 「自分ならこうする」といつも考えよう… ………………………………… 275
 ●お手本に学ぼう……………………………………………………………………… 275
 ●他分野の商品に転用する…………………………………………………………… 275
 ●その商品の欠点・改良点を探す…………………………………………………… 276
 ●ヒット商品は「お手本」… …………………………………………………………… 276
075 他人の評価を参考にしよう… ……………………………………………… 277
 ●「みんな欲しいと言ってくれた」の罠… …………………………………………… 277
 ●耳の痛い話…………………………………………………………………………… 278
076 公募やコンクールにチャレンジしてみよう!… …………………………… 279
 ●発想の練習になる…………………………………………………………………… 279
 ●相手の好みを探る能力が付く……………………………………………………… 279
 ●成功実績が付く……………………………………………………………………… 280
 ●賞金、賞品がもらえる… …………………………………………………………… 280
 ●公募情報の探し方…………………………………………………………………… 280
077 ネーミングも発明もわかりやすさと単純さが大切… …………………… 281
 ●発明にも同様のことがいえる!……………………………………………………… 281
078 ジェネリック発明のススメ…………………………………………………… 283
 ●ジェネリック医薬品とは……………………………………………………………… 283
 ●技術の利用は特許法が望んでいること… ………………………………………… 283
 ●ジェネリック発明のススメ…………………………………………………………… 284
 ●時代に合わせてリニューアル… …………………………………………………… 285
 ●皆さんこそ、成功に一番近い人… ………………………………………………… 288

付録 企画提案書のひな形
079 企画提案書のひな形
………………………………………………………… 290
  ●手書き記入用の「企画提案書」様式 利用方法…………………………………… 290

あとがき………………………………………………………………………………… 292
参考文献… …………………………………………………………………………… 295
取材協力… …………………………………………………………………………… 296
索引… ………………………………………………………………………………… 300