塗装ブースの各種清掃・メンテナンス & 水幕板(スクリーン)等の新設・改修工事

各種塗装ブース(水洗・乾式・オイル)、乾燥炉、給排気ダクト・ファン・ピットの清掃、ビニール養生交換、前処理設備の化成配管・ライザー管清掃等を行います。
その他、 フィルター交換の他、水幕板(スクリーン)やエリミネーター等の塗装設備や給排気ダクトの新設、更新、改修、修繕工事等も行います。

〇一般的な「ベンチュリー式塗装ブース」の基本構造と、主な清掃部位

塗装の行程では、塗装対象物に付着しなかった、余分な「塗料ミスト」が発生します。
この塗料ミストが少しずつ排気設備に溜まっていくと、様々な問題を引き起こすのです。
それでは、塗装ブース清掃を行うメリットを、構造図と一緒に、ご説明致しましょう。


〇ブース清掃をする目的とメリット

@ 塗装品質を一定に保つ
ブース内に余分な塗料ミストが充満しすぎると、塗装対象物に再付着してしまい、塗装品質が下がってしまいます。

A 排気不良の防止

排気塔内や、エリミネーター、ベンチュリー部へ、塗料カスが堆積することにより、排気効率が悪化するため、排気風速が不足してしまい、製品や壁面、等に塗料ミストが付着してしまいます。

B 屋外への塗料放出を最小限にする
エリミネータによって、十分に塗料カスが除去できないと、排気ダクトを通じて塗料を屋外へ放出する原因となる。大気中への有害物質の拡散放出を、最大限減らす必要があります。

C 排気ファンの排気性能を保つ
エリミネータによって、塗料カスが十分に除去できないと、排気ファンに多量の塗料カスが付着します。その結果、効率の悪化を招き、モーターの過負荷、電気代増の原因になります。
また、塗料カスがファンに付着することにより回転バランスが狂うと、振動が発生し、ブース全体にダメージを及ぼします。

D 排気塔内、及び、エリミネーターの塗料カス除去性能を保つ
エリミネータに付着した塗料カスを除去せず放置すると、塗料カスの重みで変形したり、エリミネーターの設置角度が変わってしまいます。
その結果、塗料カスを十分に除去できなくなってしまいます。
また、老朽化による 錆等の影響で破損してしまうと、再度作成するのに、費用がかかります。

E ダクトの排気性能と火災を防ぐ
エリミネータでは、塗料カスを完全に除去することはできず、ダクトには少しずつ塗料カスが蓄積していきます。
ダクトに付着した塗料カスは、排気効率や省エネの妨げになるばかりでなく、発火の危険があるため、塗装ブースおよび設備・工場全体に、ダクトを通じて延焼火災を引き起こす原因になります。
効率改善や、省エネ、環境への配慮だけでなく、なにより大切な設備を火災から守るためにも、定期的に清掃を行う、ブースメンテナンスが必要となります。

 

このように、「製品の品質を保つため」と、「塗装設備の性能を保つため」に、ブースの定期清掃・定期メンテナンスが必要となります。
設備部位ごとの、清掃前後写真をご参照下さい。


〇塗装ブース 「排気ファン」清掃
排気ファンには、吸い込んだ塗料カスが大量に付着します。
この塗料カス付着による重量増が、モーター過負荷による電気代の増に影響します。そのため、定期的な清掃が必要です。
また、塗装ブースより、振動や異音を感じることがあります。原因は色々ありますが、 そのほとんどは回転バランス悪化によるものです。
振動や異音を放置すると、ケーシング損傷やモーター負荷など、ブース全体にダメージを及ぼすので、早急な対策が必要です。
排気ファン清掃に際しては、ただ単に塗料カスを除去するだけではいけません。
清掃後の回転バランスを維持するための、「バランス取り作業」を考慮して清掃することが特に重要なのです。

清掃
清掃

〇塗装ブース 「ケーシング」清掃
汚れが溜まると、工場設備外へ、塗料カスを排出することになり、環境問題を引き起こします。
また、静電気や高温による発火現象が起こると、油分を含む塗料カスが一気に延焼する危険があります。
清掃
清掃

〇塗装ブース 「ダクト」清掃
汚れが溜まると、工場設備外へ、塗料カスを排出することになり、環境問題を引き起こします。
また、静電気や高温による発火現象が起こると、油分を含む塗料カスが一気に延焼する危険があります。
特にご要望があれば、「点検口」の新規取り付けも可能です。
清掃
清掃

〇塗装ブース 「排気塔内」清掃
排気効率が悪化するため、ブース内の余剰ミストを排出できず、塗装品質に悪影響を及ぼします。
ツララのように垂れ下がった塗料カスが、ブース内の排気風速を遅くし、塗料ミストが吸い込まれなくなった結果、塗装品質の悪化を引き起こします。
また、塗料カスを定期的に除去していないブースには、エリミネーターが重みで垂れ下がり、破損しているケースも見られます。
清掃
清掃

〇塗装ブース 「エリミネータ」清掃
排気効率が悪化するため、ブース内の余剰ミストを排出できず、塗装品質に悪影響を及ぼします。
清掃
清掃

〇塗装ブース 「ベンチュリー部」清掃
ノコギリ板のようなベンチュリー部は、排気流速を高めて(ベンチュリー効果)、塗料カスと水を一緒に吸い込んでカスを除去する重要な部分です。
そのため、塗料カスが溜まって、出口をふさいでしまうと 排気効率が悪化するため、ブース内の余剰ミストを排出できず、塗装品質に悪影響を及ぼしてしまいます。
清掃
清掃

〇塗装ブース 「水槽」清掃
ブース⇒ピットの水循環に悪影響を及ぼします。水に塗料カスが混入し、水幕板(スクリーン)の汚れを引き起こします。
清掃
清掃

〇塗装ブース 「水幕板(スクリーン・ウォーターカーテン)」清掃
スクリーンをきれいにしないと、水が製品に飛び散り塗装品質に影響を及ぼします(水はね現象)。
清掃
清掃

〇塗装ブース 「ブース内(壁面)」清掃

塗料ミストの付着によっておこります。製品にホコリや汚れを付けてしまい、塗装品質を落とす原因となります。
清掃
清掃

〇「循環水槽(ピット)」清掃
ブース内を循環させる水に含まれる塗料カスを堆積させ除去します。定期的な清掃が必要です。
清掃
清掃

〇ピット内 「ストレーナー」清掃

清掃
清掃

〇電着設備 「化成配管」清掃
定期的な清掃が必要です。
清掃
清掃

〇前処理設備 「ライザー管」「ヘッダー管」清掃
定期的な清掃が必要です。
清掃
清掃

〇前処理設備 「ノズル」清掃

写真のような、目の詰まりやすい小さなノズルの場合は、定期的に新品に交換する方が一般的です。
穴が大きいノズルの場合は、ライザー管清掃の際、一緒に清掃し、目詰まりを直してから再度取り付けます。
清掃
清掃

〇乾燥炉 「放熱管内のスス取り」清掃
ススが溜まると、バーナーの汚れを進め、燃焼効率の悪化につながります。
静電気や高温による発火現象が起こると、油分を含む重油のススが一気に延焼する危険があります。 また、ススは微細粒子のため、粉塵爆発の危険があります。事故が起こらない様に、定期的な清掃が必要です。
清掃
清掃

〇乾燥炉 「ヤニ取り」 清掃
塗料の乾燥炉には、有機溶剤が蒸発した事で発生する「ヤニ」が、天井面や、壁面。フィルター室などにたまります。
このヤニは、静電気や高温によって発火しやすく、火がつくと、ダクトを通じ工場全体に、一気に延焼する危険があります。火災事故が起こらない様に、定期的な清掃が必要です。
清掃
清掃

〇乾燥炉内
清掃
乾燥炉内には、長年の使用によりホコリなどが、壁面、排気ダクト内、レール等にたまります。
製品にこれらのホコリが付着すると、製品の品質に悪影響を及ぼします。また、ホコリ等の微細粒子が静電気等で発火すると、一気に延焼する危険があります。
製品品質向上だけでなく、塗装ブースの火災を防ぐためにも、 汚れがたまらない様に、定期的な清掃が必要です。
清掃
清掃

〇フィルター交換

塗装ブース各所には、さまざまな種類のフィルターが使用されています。
このフィルターは消耗品です。
清掃毎に交換することで、屋外への有害な塗料ミスト排出を抑えるほか、エリミネーター等排気塔内の汚れを防止し、ブース全体の寿命を延ばすことができます。
交換
交換

〇設備改造 「塗装ブース・厨房 排気ダクト内 排水マス・ドレンの設置」
塗装ブースや、厨房(各種ボイル機類)のダクト内には、ベンチュリー部から吸い込んで溜まった水や、蒸気が溜まり、池のようになっています。
この水は、 ダクトを腐食し、水漏れの原因となります。
ダクトに、排水マスとドレンを通じて、常に水を排出できるため、ダクトの寿命を延ばし、水漏れを軽減することができます。

〇設備補修 
塗装ブースでは水を使用するため、腐食による破損箇所がでてきます。
清掃毎に各部をチェックし、こまめに補修工事をすることで、ブース全体の寿命を延ばすことができます。
工事
工事
架台の脚が腐食で破損していました。
荷重を支えられず、危険な状態です。
アングルで製作した脚をつけました。
これで一安心です!
腐食孔 パッチあて補修 工事
長く使用したブースには、必ず腐食が見られます。清掃毎に各部をチェックし、破損箇所を細めに補修することが、設備保全や、製品品質の向上の観点から、必要となります。


〇水幕板(スクリーン・ウォーターカーテン)改修工事・ブース新設工事
水幕板は、長年の使用と、水による腐食等の影響から、次第に変形が始まり、正常な水の幕が作られなくなります。
これは、排気塔側から水幕板を支える支持具や、水幕板を補強するフレームがスチール製の場合、腐食により脱落し、スクリーンの自重を支えきれなくなった結果、ゆがむケースが考えられます。
下記に紹介する工事前の水幕板も、全体が変形し、正常な水幕が作られなくなった結果、塗料が全面に付着しています。
塗料ミストの付着が著しくなると、塗装品質への悪影響も生まれるため、大規模な改修工事が必要となります。
弊社では、お客様のご要望にあわせ、専用設計いたします。また、ベンチュリー板(ノコギリ板)と水幕板や水面の距離のセッティングを行ない、ベンチュリー部で水と空気を攪拌させ、塗料ミストが出来るだけ除去できるように、調整します。

工事
工事
水幕板がゆがんでいます。 全面改修しました。
工事
工事
水幕板全体がゆがみ、両端の塗料付着が著しくなっています。 オールステンレス製のスクリーンに改修!

〇塗装ブース健康診断
「モーターベアリング磨耗度」、 「排気風速の計測」 、「電流・絶縁抵抗測定」
、その他

聴診器によるモーター軸受け(ベアリング)のコンディションチェック。
排気風速の計測による、塗装ブース全体の、コンディションチェック。
制御盤のチェック(電流計)(絶縁抵抗測定)
端子焼けを発見!ネジのゆるみによって発生した火花で、青色の被覆が溶けています。

〇作業終了後の「作業報告書」 

作業前・後の報告写真や、清掃中発見した破損部等の問題点を指摘します(有償・希望により)。


実施可能な作業一覧
@ 水洗・オイル塗装ブース
  (塗装ブース内、排気塔内、排気ダクト内)
・水幕板(スクリーン)塗料剥離作業
・ブース内塗料除去及ぴ各部グリス塗布作業
・エリミネーター及び取り付け部塗料除去作業
・排気ファン・ケーシング内の塗料除去作業及ぴバランス調整
・排気ダクト開口作業、及び塗料除去作業
・防火ダンパー脱着塗料除去作業
・ブース内フィルター交換
・吸気用フィルター交換
・.配菅内清掃及ぴ高圧洗浄作業
・グレーチング塗料除去作業
・循環水槽(ピット)内清掃
・排気ファンモーター ベアリングコンディションチェック
A 前処理設備清掃(脱脂槽・化成槽) ・槽内清掃
・熱交換器高圧洗浄
・脱脂ブース内及ぴノズル清掃
・化成配管及ぴライザー管内高圧洗浄
B 電着ライン ・槽内洗浄
・熱交換器高圧洗浄
・本管及びライザー管内高圧洗浄
・水洗槽清掃
・表面調整槽清掃
・化成槽
・槽内清掃
・セットリングタンク清掃
・電着槽
・置換タンク清掃
・純水槽清掃
C 乾燥炉(炉内・出入口・コンベア・脱臭機) ・炉内塗料除去作業
・炉内ダクト内清掃作業
・炉内放熱管内のスス取り作業
・エアーカーテン、フイルター交換
・ダクト内清掃
・.コンベアー清掃
・天井、壁、コンペアー・脱臭機等のヤニ取り作業
D その他 ・水幕板(スクリーン)やエリミネーター、ベンチュリー板の新設、新規作成・改修工事。
・塗装設備や給排気ダクトの新設、更新、改修、修繕工事等

・産業廃棄物の処理
・ブースコンディションチェック(ブースや設備の健康診断)
 (排気風速、モーターベアリングコンディション、制御盤内電流・絶縁抵抗チェック等)


省電力・省エネ対策

≪照明の総LED化≫
 蛍光灯をLEDに交換すると、電力を約半減できます。

 寿命は蛍光灯の約11倍! 消費電力は蛍光灯の約45%減  

 蛍光灯(3千時間)/蛍光灯(37W)
 LED灯(4万時間)/LED灯(20W)

 ⇒LED化すると・・・電気代は約半分!10年間交換不要でお得です!

 

≪エアコン室外機用、水噴霧 省エネシステムの施工≫

工場によっては、工場内温度が上昇してしまった場合、操業を中止しなければいけない施設があります(特に食品関連)。
特に真夏や、エアコンのフル稼働時には、エアコンの冷房効率が下がり、温度管理が不安定になり、操業に支障をきたすことにもなります。
つまり、操業停止による生産ロスをふせぐため、安定したエアコンによる温度管理が、設備管理の観点から重要となります。
そのため、当社では、外気温と時間で制御する、エアコン室外機用の水噴霧システムを提案しております。

〜水噴霧の重要性〜
水が蒸発する際、1gあたり、540カロリーの熱を奪います。
この現象を利用した涼を取る方法として、「打ち水」が古来から存在しております。
これを利用して、エアコン室外機の放熱フィンに、外気温と時間で制御されたポンプにより、水を噴霧します。
これにより 、エネルギー変換効率が向上するため、温度管理能力が安定するばかりでなく、電気代削減にもつながります。
また、センサー&タイマー制御で水を噴霧するため、水の使用を最小限に抑えることが可能です。

 

エアコン室外機の放熱フィンへ設置された噴霧ノズルと、噴霧中の様子。
 
外気温と時間タイマーで水の噴霧を自由にコントロールできます。
また、分岐管(ヘッダー)を介して、多数の室外機への噴霧も可能です。
弊社の水噴霧システムは、「時間タイマー」「ホース」「塩ビ管」「ヘッダー管」を利用した、大変リーズナブルな設定のものからでも、施工が可能です。

機械作動油メンテナンス

油圧機械作動油の交換や、汚れの進行した油を浄油作業(クリーニング)する事で、作動油を再利用する事が出来ます。
その結果、作動油の交換費用を低減する事が出来ます。



食品工場・厨房清掃・HACCP(ハセップ)対策・安全対策等の各種工事

厨房内のダクト・フード・グリスフィルター・室外機洗浄、防火ダンパーのチェック。
壁やグリストラップの清掃・工場内の冷暖房機・給排水管の洗浄、クーリングタワーの清掃、保守管理。
スプロケット部やベルト稼働部などの危険箇所に手が入らないようにガードを取り付けるような、安全対策工事もおまかせ下さい。
また、「HACCP(ハセップ)」対策の、各種工事もお任せください。
長年食品工場の仕事を請け負っており、ハセップ検査官から指摘される「虫の侵入対策」「ドアのゴムパッキン交換」「ビスの打ち直し」「腐食孔の対策」「水漏れ」などの細かい指摘にも備え、工事をしてきました。
御社のハセップ担当者(設備保全部、生産技術部)様と打ち合わせを行い、一緒にハセップ高評価を目指しましょう!

〇厨房 「フード」清掃
清掃
清掃

〇厨房 「Vバンク」清掃
清掃
清掃

〇厨房 「防火ダンパー」チェック
ヒューズ切れを発見!防火ダンパーが閉じていて、排気されない状態でした。
延焼を抑える、最重要チェックポイントです。
新品ヒューズ(左)と、切れたヒューズ(右)

〇厨房 「ダクト内」清掃
ダクト内には、ホコリと油分・水分で出来ているカスが、溜まっています。
厨房ダクトは火が近いため、特に清掃が必要です。乾いたカスは特に危険です。
乾いたカスは燃えやすく、ダクトを伝って、工場全体へ延焼する危険があります。
一度火事になると、設備の復旧だけでなく、信用の回復にも時間が掛かってしまいます。

〇厨房 「ドアゴムパッキン」交換
工事
工事



各種工具販売

 作業現場でお使いになる、エアフィルターをはじめ、約80,000点の工具類をそろえ、即納体制でお待ちしております。
一般工具から特殊工具まで、お任せください!

 


 

その他 生産技術・設備保全のアウトソーシング

お困りのことがございましたら、ぜひ一度、ご相談下さい!
現場を拝見させて頂き、問題点を伺えば、良い解決策がきっと見つかるはず!
一緒に問題解決に取り組みましょう!

〇リペイント(再塗装)工事
工事
工事

〇Vベルト・プーリー交換 芯だし調整 ベルトの張り調整 ベルト切れ対策
1年に1回は、交換が必要です。
交換が難しい場所は、高耐久タイプのベルトを使います。
なお、屋外の排気ファンベルトは、特に寿命が短めなため、注意が必要です。
プーリーが磨耗し、ベルトが食い込んでます。抵抗がかかり、省エネに悪影響を及ぼします。
また、芯出しが不十分なプーリーは、Vベルトのショルダーが磨耗しやすく、ベルトの寿命を知事めて締めてしまったり、異音、ベルト切れ・ベルトはずれが頻発する原因にもなります。
弊社はプーリー交換のほか、芯だし調整、ベルトの張り調整等もご依頼に応じ行います。

〇蒸気・水・エア等、各種配管の新設・修理
蒸気配管のユニオンから、蒸気が漏れています。作業者がやけどをする危険があります。
配管の交換が完了しました。
ステンレス製の配管であっても、蒸気圧による磨耗・腐食やパッキンのへたり等で寿命があるので、チェックが必要です。

〇安全対策工事

駆動部分のスプロケット(歯車)が露出しており、危険でした。
危険箇所をガードする、開閉自在のパンチングメタル製の柵を新規作成し、取り付けました。

拡販釜動作中に、作業者が釜に手を入れて、調味料を加えたり、食材を混ぜていました。
攪拌動作中に、手を入れると、袖が絡んだり、手が押しつぶされるなど、巻き込まれ事故発生の危険がありました。
センサー制御の安全柵を取り付けました。
エリアセンサーと近接センサーを使い、攪拌釜本体の非常停止スイッチと連動させました。
柵が外れた状態や、エリアセンサー検知範囲内に手を入れた場合、拡販釜の動作が自動停止します。

〇破損対策工事(センサーガード・セレクトスイッチガード等)

台車やバケットが当たり、設備が破損するのを防ぐため、ガードバーやガードボックスを作成し、取り付けます。
お客様のご要望をお聞きしながら専用設計でガードを作成し、現場でフィッティングをしながら取り付けます。
工事
工事

〇異物混入対策工事

押しボタンやスイッチ類は、プラスチック製です。
このため、万が一破損し食品に混入した場合、金属探知機で検地できず、異物混入品を流通させてしまいます。
このようなクレームを未然に防ぐため、工場内の設備のスイッチ類にガードを取り付けます。
ご希望のスイッチの形状や形状に合わせて専用設計し、ステンレスでその都度作成したものを、現場あわせで取り付けます。
工事
工事

〇各種機械・設備の新規設置・移設工事/アスファルト敷設工事・アスファルトへの白線引き